パイプカット体験談、恋愛、雑談、独り言、ジャンルフリーな徒然ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パイプカット体験談 -その8- 「痛み」

多くの男性陣がためらう理由の1つ

 

 

痛み(゚∀゚)

 

 

そりゃそうです、なんといっても急所です

なんの躊躇もなくそんなところにメスを入れられる男がいたら勇者です

 

 

すっかりおれも職場で勇者扱いですけどねwww

 

 

30~40分の間、一番痛みが強いところといえば最初の麻酔注射でした。

もっといえばその前に注射ポイントを探すためにタマをグリグリ触るのですが、それもけっこう痛い。これは先生によるのでしょうけど・・・。まぁそりゃそうでしょうね、この段階ではまだ麻酔してないわけで、そんなタマをグリグリするのですから。

で、注射の瞬間。さすがにキューっと縮み上がります。まさにタマ袋が。とはいっても先生がポイントを外さないように押えているので、そんなには縮んでないでしょうけど。

 

 

時間にして5秒もかからないと思います。体感。

その後も何カ所か刺されていたと思うんですが、麻酔の効きは早かったので、痛みは感じなかったです。

 

次に痛み・・・というか違和感、ですか。そういうのを感じるのは精管を探しているとき。切断するのには肝心な精管を探さないといけないんですが、それを探すためにメスを入れる前から外からグリグリ押し出します。おそらく、探し出してそれを表の方にもってくるのでしょうね。切開を最小限に抑えるためにはモノが最大限近くにある方がいいんですから。このときに違和感が凄くあります。痛いというより、なんか気持ち悪い。

 

その後、切断や結索の際には軽く鈍痛がありました。引っ張り出しているのでしょう、そんな感じがしましたから。なんというか、タマの中というより、膀胱の下奥のあたりが痛いです。どよーんと。軽くタマをぶつけたときの痛み。

 

 

手術中の痛みといえば上記の3点ですね。一番痛いのが注射、その次に結索・切断時。グリグリしてるときのは痛みというより違和感。

 

注射といっても所詮注射なんですから、痛みの度合いは普通の注射です。予防接種も我慢できない大人、なんて早々いないでしょうから、全然問題ないでしょう。心理的にきついとはおもいますが。

 

 

 

 

余談:

 

手術とは直接関係ないですが、嫌だったのは抜糸。これが何気に痛かったです。そもそも縫合ってのを過去に一度、小学校の時に2針しか経験してなかったので・・・

抜糸いらずの縫合をしてくれる医院もあると思うので、選択できるのならばそういうのもいいかもしれませんね。

 

 

関連・参考リンク

http://blogs.yahoo.co.jp/kodakusan1/folder/1791462.html

http://tureduregusa.doorblog.jp/archives/29269125.html

http://infomgitaiken.blog.fc2.com/blog-entry-4575.html

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ