パイプカット体験談、恋愛、雑談、独り言、ジャンルフリーな徒然ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下顎の親知らずを抜歯することになりそうです②

親知らず

前回に引き続き親知らず抜歯の巻です。

先日、地元の総合病院の口腔外科へ受診に行きましたよ!

いつも通ってるかかりつけ医さんの紹介状持って!

紹介状といえばあれ、

きっと個人情報とかその他諸々の色んな難しいこと書いてて

しっかり封印とかされてるものとか思ってましたけど、

普通に開封状態の封筒で渡されましてね。

見たんですよ、自分で、ええ。

なんか記号見たいのと、「8番抜歯」的なことが書いてった、ただそれだけw

あとはよろしくお願いします的なことがあったかな?

シンプルすぎる内容に拍子抜け。

 

受付を済ませ、

総合内科その他の大勢の患者さんが行列を作っている脇を抜けて

口腔外科へ行きましたならば、そこはけっこうガラガラ。

まぁ基本的にはみなさんは普通に街の歯科開業医さんへ。

ここにくるのは紹介状を持った人ばかり、となればこんなもんですかね。

 

さっそく先生の受診かと思ったら、

先に放射線科?までいってレントゲンを撮ってきてくれという。

(ここまで待ち時間10分くらい?)

ああこれか、歯医者さん定番ですよね。

初めて診てもらう時には絶対撮りますよね、これ。

こういう大きな病院でもその辺は同じなんだなとか思ったり。

 

口腔外科とは違うフロアーになりますんで、

とりまトポトポ向かってレントゲン室隣の受付へ。

すでに連絡がいっていたらしく、スムーズに受付を済ませると、

しばし待ったあとレントゲン室へ。

普通の歯医者さんにもある、頭の周りをグルーッと回る撮影を済ませ、すぐ終了。

ここには歯科CTもあるらしいのですが、今回はとりあえずレントゲンだけのようです。

 

撮影データは院内のネットワークで飛ばされているのか、

終わったらそのまま、また口腔外科まで通されました。

ここでまたしばらく待機。

と、ここで目の前の掲示板のポスターみて、どよめき(自分的に)

 

「当院では、基本的に局所麻酔を用いた日帰りでの抜歯を行っています」

 

ほぅ。噂ではおれのレベルだと入院が必要と聞いてたけども、これはもしや?

ただし、そのあとに「2本以上にわたる方、痛みが引かない方、その他事情により、1泊2日入院をお勧めしています」

って書いてありましたけどね。

そんなこんなでインプラントのポスター見たり折れた歯の応急処置みてたりすると、呼ばれました。

 

現れた先生、あきらかおれより若くて、しかもマスクの下に垣間見える素顔はヤケにきまった無精ひげ。

コイツ・・・出来る(´・ω・`)!!!

あ、や、まぁ何に対抗意識持ってるんだって事なんですけど、

醸し出す雰囲気といい、20代後半~30代前半といったところなんだけど、

なかなかイケメンでした、ええ。

 

しかも良い意味で自信のある感じの説明。

こういう医者、嫌いじゃない。なんか安心感がある。若いのにやるな?

 

問題のある親知らず一本だけなら、おそらく日帰りで対応できる。

この機会だからと下顎両方の親知らずを抜歯となると1泊2日になりますが、どうしますか?

といわれまして。まぁどうせ痛んでないほうの親知らずも横向きですからね。

いつか悪くなる可能性のある歯で、同じ手順でここにくるなら、もう両方ヤッちゃってください、と頼みました。

 

結局入院となると、自分自身の仕事の都合や病院の手術の空きなどの調整の末、

手術日は4月の中旬、ということになりました。

まぁ歯磨き時にブラシが当たると痛い、程度の痛みなので、

そのくらいの待機なら問題無いかなと思って。

 

で、ここまで話が煮詰まったあと、

具体的な手術(抜歯)の流れになってきて・・・その説明っていうのが・・・(´・ω・`)

 

(次回に続く)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ